2007年10月12日 (金)

■PENTHOUSE インタビュー&アトリエ紹介

今月発売の米PENTHOUSE MAGAZINE 11月号に空山基画伯インタビュー記事が掲載されているらしい(現物未確認)200711bmp
AirbrushActionのDVD発売時期の関係で、9月号掲載予定が延期となった模様
国内では、8月のヤングサンデー(週刊誌)に空山基画伯のアトリエが紹介されたらしい
どちらも現物を確認して、サイトの情報を更新します

|

2007年9月17日 (月)

■空山基画伯寄贈コレクション

8月に空山基画伯より寄贈頂いた貴重な文庫本,新書本,単行本の数々
何れも、空山基画伯が装画や装丁を手がけたもの
60周年記念画集の出版を願ってデータ整理と並行して当サイト所蔵本と併せたCOLLECTION紹介第一弾
空山ファンでもあまり知られていないレアな新発見が有るかも知れません

|

2007年9月 1日 (土)

■Airbrush Action Magazine part3

空山基画伯独占記事PART3掲載のエアーブラシアクションSeptember/October号発売
5月から始まった3号連続HHOW-TO企画の最終章のはず(現物未確認)
いよいよ待ちに待ったDVD発売間近か!?
2月の取材から早7ヶ月、空山アートが時代に迎合しないアナログチックな独特の刺激を世界中の多くの読者に与えた事でしょう
未見の方は、3号まとめてご覧下さい

|

2007年8月28日 (火)

■寄贈!カバーアート

空山基画伯から貴重な資料を寄贈頂きました
空山基画伯が装画・装丁を手がけた単行本,新書本,文庫本50冊以上
70年代(30年前)の珍品も含まれています
80年代に入って本格的に始動するSEXY-ROBOTやPIN-UP以前の72年独立直後作品が初々しく新鮮
貴重な資料は、現在のアトリエに引越した際に書棚に収納されて大切?に保管されていました
10年の時を経て今、新たな使命を受けて目覚めたのです(10年分の埃は強敵です)
『SORAYAMA 1964‐1999―The complete works of Hajime SORAYAMA』にも収録されていないイラストも有ります
空山・ジャパン・サテライト所蔵コレクションと併せて、60周年記念出版に向けたデータ作りの一部をアップ予定です

|

2007年8月10日 (金)

■PENTHOUSE 復帰

ペントハウスレギュラーアーティストとして、空山基画伯のイラストが、1995年から毎月掲載されていました
残念ながら2004年で中断していましたが、空山基画伯のアダルト系ファンに朗報です
PENTHOUSE誌ピンナップ連載の再開計画が進んでいる模様
9月号にはインタビュー記事が掲載されるらしい(現物未確認)
活躍の場が、そちら方面に偏らない事を期待します

|

2007年7月 5日 (木)

■TOWER フリーペーパー

タワーレコードのフリーペーパー『TOWER』新号が出ました
空山基画伯作の高見沢俊彦ソロアルバムジャケット画像が掲載されています
6月11日のスポーツニッポン紙の画像より大きくて良質ですが、残念ながらトリミングされていました
7月18日のアルバム発売と連動して、今後も様々なメディアで登場しそうです

|

2007年5月 4日 (金)

■22周年

日本では、GW真っ只中、米国では、エアーブラシアクション(隔月刊)の22周年記念号いよいよ発売
なんと空山基特集で、表紙も空山ガール(DVD取材作品)
クールなアクセサリーも描き加えられた完成版の空山ガールです
待望のDVD発売はまだだけど、マガジンで一足早く空山テクの予習は如何でしょうか?

|

2007年4月20日 (金)

アダルト&フェティッシュ特別対談

リアル系原型第一人者の矢沢俊吾氏フィギュア作品集 THE FASCINATORS(書籍)の特別対談に空山基画伯登場
この方面の方々からも対談等の熱いラブコールが最近少なくないらしい
美少女フィギュアとは一線を画すアダルト&フェティッシュなリアルフィギュアを集めた作品集
空山先生の対談記事も必見

|

2007年4月19日 (木)

アナログ 2007

毎年恒例のイラストレーションファイルが4月19日発売されました
2002年からアナログとデジタルの分冊になって今年で6年目です
当時471人のイラストレーターを収録して発刊
翌年は、一時的に収録人数が減少(455人)しましたが、
2004年以降は順調に人数を増やして(463人→479人→495人)
今年は、500人を突破(502人)
アナログ派健在!
空山基画伯も絶好調!!
イラストレーション・ファイルの空山先生のページに当サイトURLも掲載頂きました
(玄光社さんオフィシャルサイトのイラストレーターWEB LINKにも載せて頂いています)

|

2007年4月 1日 (日)

黒空山発見!?

洋書店にて、未公開の空山基画伯作品を発見っ?!(@@)
と思ってよく見てみたら・・・ちっがぁ~うっ!!!
ドイツの自称"multi talent"イラストレータの画集でした
構図やモチーフが失笑しちゃうくらいソックリなので、
一瞬、エイプリルフールのサプライズ裏空山企画かと・・・
しかし、テクニックはいただけない全くの別モノ(--)
もしかして、空山芸術へのオマージュなのかなぁ?
それとも、巷に氾濫しているモドキアートかなぁ?
限りなく黒に近いグレーとでもいいましょうか(疑惑)
そういえば昨年、日本人画家がローマ画家の作品を盗作
したという事件もあったっけ~て、アレは逆パターン
でも外貨獲得の為に無断で切手発行する国もある程に
コピーされるのもメジャーのステータスと言うものの、
作家の権利や作品保護が願われる今日この頃でした

|

より以前の記事一覧